Windows10とWindows7の使用感を比較

遅ればせながらWindows10デビューしたのでその使用感をまとめておく。

筆者はWindows7から8系を飛ばして一気にWindows10にバージョンアップしたわけだがWindows8系を経験していないこともありWindows10の世界はWin7から比べれば隔世の感だ。

Modern UI(モダンUI)ののっぺりとした外観とWindows7とのちょっとした操作性の違いに使いづらさを感じながらも新しいOSの世界に恐る恐る足を踏み出してみた。

無意識にネットワークに繋がっている

Windows10では様々なアプリケーションがシームレスにネットワークに繋がっている感じがする。

スタートメニューに並ぶ「タイル」には最新のニュースや天気などの情報が表示される。

「ライブタイル」と呼ばれるこの機能は慣れれば便利なのだろうがWindows7から移籍した筆者にとっては余計なお世話としか思えない。

頼みもせずネットワーク上から情報を収集し画面に表示されるのは、あまりいい気分ではない。

「あなたにおすすめのゲーム」などのリコメンドも不要だ。

スタートメニューからしてこのお節介ぶりではコアな機能では更に輪をかけて干渉されるんだろうと勘ぐってしまう。

使用者が意図しない情報が知らず知らずにネットワークに流れることを危惧するのだが、企業などはどのように対策しているのだろうか?

ネットワークからの過度な情報収集には釈然としないながらも使っているうちに麻痺してくるんだろうな、きっと。

ファイルへのアプローチが不便

筆者はテキストエディタを使用することが多い。

ちょっとしたメモに始まりある程度ボリュームのある文章もテキストエディタで記述する。

Windows7時代はWindowsキーを押下しスタートメニューから目的とするファイルへのアクセスが容易だった。

少ないキータッチで目的とするファイルに到達できたのだがWindows10はWindowsキーを押下してから特定のファイルにアクセスするパス(道順)がわかりづらい。

スタートメニューのタイルにはアプリケーションの他、フォルダーも登録できる。

しかしスタートメニューにファイルを配置することは出来ない。

裏技のような煩雑な手順を踏めば特定のファイルをスタートメニューに配置出来るらしいが、そんな面倒くさいことはしたくない。

スタートメニューを押下して最初のフォーカスが「Cortana」の検索ボックスというのもしっくりこない。

しかしCortanaをスタートメニューに表示しないというカスタマイズができる点は救いだ。

Windows10世代はどんなふうに使っているのか

Windows10からパソコンに触れたという世代はこのユーザーインターフェースにどのように向き合っているのだろうか?

筆者の周辺にいるWindows10世代の操作方法を観察したところ、彼らはWindowsキーを押下後すぐにCortana検索ボックスに目的とする単語を入力し始める。

アプリケーションやファイルへのアプローチ手段として当たり前のようにCortanaを使用しているのだ。

Cortanaなんてどーせ使えねぇんだろ?という自称パソコン上級者の先入観を余所にWindows10を使いこなしているのだ。

こういった柔軟な思考は見習うべきだな。という自省も込めCortanaを使ってみると、意外に優秀なツールで十分実用に耐えるツールでした。

今後Cortanaの精度が今よりもっと向上すればファイルやディレクトリといった概念すらも陳腐化する日が来るのだろうと予感させるものだった。

Windows10にはInternet ExplorerとMicrosoft Edgeが同居していた

これはちょっと驚いたのだが、Windows10にはInternet Explorer11とMicrosoft Edgeという2つの異なるWebブラウザが同居していた。

Windows10のWebブラウザはMicrosoft Edgeだけと思い込んでいたので、わざわざ古いブラウザを共存させるMicrosoftの意図が興味深かった。

その辺の事情についてのMicrosoftの見解を下記資料に垣間見ることができるのだが、Microsoftとしては「後方互換性」を重視しているということらしい。

Windows 10の2つのWebブラウザ、Microsoft EdgeとInternet Explorer 11 | HTML5Experts.jp

Microdoft Edgeの操作に不慣れな筆者としてはInternet Explorer11が使用できる点は嬉しい配慮ではあった。

まとめ

Windows10の使用感についてまとめるとスタートメニューから目的とするファイルあるいはURLのショートカットへのアクセスに難はあるがWindows7のサポートも終了することだし、Windows10に乗り換えるのも止む無しというどちらかというと消極的な感想である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする